歯磨き粉、使う?使わない?

お久しぶりです。篠原です273607_2.gif

2013年になってもう1ヶ月経ちますね273608_2.gif今年も元気に頑張りましょう272582_2.gif
よろしくお願いいたしますimage0066_2.gif

 

さて、突然ですがみなさんは、歯磨き粉・歯磨剤は使っていますか?
歯磨剤は、ブラッシングを補助するもので、必ずしも必要ではないとお考えの方もいらっしゃると思いますが、歯磨剤には様々な効果があるんです。
今日は歯磨き剤について、お話したいと思います。

 

 

虫歯の予防フッ素のとりこみ

 

フッ素は、むし歯予防には欠かせない、歯磨剤に必須の成分です。

フッ素は、低濃度のものを頻回使用することが有効とされていますので、歯磨き剤はそれに適しています。

 

 

プラーク(歯垢)除去効果と、お口の清涼感

 

歯磨剤中の清掃剤(研磨剤)を中心とした成分は、プラーク(歯垢)を効率的に除去する働きがあります。
プラークを分解する働きのある酵素や、分散しやすくなるエリスリトールなどが配合されているものもあります。

また、発泡剤や、抗菌剤には、プラーク除去後の再付着を遅らせる働きもあります。

 

 

お口の中の病気や気になる症状を予防します

 

みなさんがお口の中で気になることは、それぞれ違うと思います。
そんな目的別に、様々な歯磨剤が、各メーカーから販売されています。

●歯周病の予防

 

歯周病の予防を目的に、殺菌剤や抗炎症剤が含まれているものがあります。歯肉を引き締める効果や、歯石が付くのを防ぐ成分も含みます。

 

●知覚過敏の予防
歯ブラシが当たったり、冷たい空気を吸い込んだり、冷たい水を飲んだりうがいをしたりすると歯がしみる、 などの知覚過敏が気になる方には、硝酸カリウムや、乳酸アルミニウムなどが配合されているものもあります。
ただ、知覚過敏予防に重点を置いた歯磨剤では、通常の歯磨剤に比べて着色よごれが落ちにくい場合があるので、週に1、2回だけ通常の歯磨剤を使ってみるのもよいでしょう。

 

●着色汚れを落とす

茶しぶやタバコのヤニなどの着色は清掃剤を含む歯磨剤を使用しないと落とせません。ホワイトニング後の色の後戻りの防止にもこういった種類のものを使用することをおすすめします272633_2.gif
ただし、歯茎が下がって根の部分が露出している方や、硬い歯ブラシを使用して強い力で磨いてしまうと、この種類の歯磨剤は、歯のすり減りが見られることがありますので、磨き方には要注意です。

 

 

 

長くなってしまいましたが、このように、歯磨剤を使うメリットはたくさんあります。
心配なことや、知りたいこと、何を選んで良いのかわからない…なんて方は272628_2.gifお気軽に歯科衛生士に声をかけてください272636_2.gif

 

あなたのお口の中の現在の状態をチェックして、悩みや心配なことにお答えしながら、おすすめの歯磨剤を選んでご紹介します273609_2.gif

 

ではdecoemo_2.gif今日はこの辺で272634_2.gif

読んでくださった皆様、ありがとうございました280243_2.gif

今年★初すべり(^ー^)

こんにちは、阪田です
昨日は休みだったので、友達とスノーボードに行ってきましたー
院長の地元のスキー場に今年もお世話になります★
すごい吹雪の中、ウキウキ気分で行きましたが、
平日昼間で誰もいない・・・
DSC_0543.JPG
悲しいくらい閑散としていて、休憩場にすら誰も・・・
「一番のりだね」なんて言われ、ふわふわのパウダースノーを
堪能できると思っていたら、ふわふわが積もりすぎていて
逆に滑らない・・・
そしていつまでたっても誰もこない・・・

荒れていて視界が悪く、挙句の果てにホワイトアウトで酔うし

練習どころじゃありませんでした

転びまくって雪だらけ。体も冷え、体力も限界!

ということで帰りには近くの芝峠温泉で日帰り入浴

DSC_0548.JPG

残念ながら雲海は見れませんでしたが、最高に身も心も癒されました♪

次回は晴れますように

 

あけました!!

                                               

                                                                    

                                          2013年も笑顔で過ごしましょう

                          定期健診もお待ちしてます

 

                                                            

このページの先頭へ