講演会に行ってきました(^-^)

6月23日に市民プラザで小野塚實(みのる)先生の“噛んでスッキリ イキイキ人生!!” 「噛む」だけで、子供は成績アップ!大人は脱メタボ!高齢者は認知症予防!という講演会を聞きにいってきました

脳の海馬(かいば)という場所は、一時的に記憶しておく所で、その後扁桃体(へんとうたい)などから大脳に送られ長期記憶される。 よく噛むことで海馬などの活動が活発になって記憶力がアップするそうです

肥満を解消するにも、よく噛むというのはいいそうです しっかり噛んで食べることにより、“おなかがいっぱい”“おなかがすいたら食べよう”というサインがでて、少しの量でも満腹感がでて食べすぎないということですそこで、これはダイエットにも効果的ということです食事の前に10分ほどガムを噛むだけですリバウンドもしにくいとおっしゃっていました 試してみる価値ありですね

認知症は海馬から始まるそうです なので、よく噛んで食べる生活習慣を身に付け、海馬を活発に動かすことで認知症予防のひとつなります噛めない状態が続くと、記憶の座である海馬に入る情報量が減少するそうです。認知症のある方で、息子さんの名前もスムーズにでてこない時があったり、歯の本数が少なく食事もうまく取れていなかったが、義歯などで口腔状態を改善し食事ができるようになったら、表情も明るく、息子さんの名前をスムーズに言えたりなど認知症も少しよくなってきたという映像をみて、すごいなぁ、噛むって大切だなぁと改めて思いました

あと噛むことでストレスも軽減するそうです そう言われてみれば、イライラしている時に何気なくガムを噛むことがあったなぁと 確かに、その時イライラしてたのが少し減ったような・・・

 

噛むという行為だけで、こんなにもいろんな事につながるなんてビックリしたし、とても勉強になりました 噛む力と脳はとても密接な関係にあるのだということも知ることができました

インプラント

2012年6月25日の新潟日報社会面よりインプラントの記事が載っていましたのでご紹介します。

 

インプラント実施の歯科医 25%重大トラブル経験 学会調査 炎症や神経まひ

あごの骨に人工歯根を埋めて人工歯を付けるインプラントを実施している歯科医の4人に1人は、治療した患者に神経まひなどの重い症状が起きた経験のあることが、日本歯科医学会の調査で24日分かった。

インプラントをめぐっては、治療後に腫れや痛みが残るといったトラブルの相談が増えているとして国民生活センターが注意を呼び掛けている。

調査は、厚生労働省の委託で3月に実施。日本歯科医師会の会員千人に昨年1年間の治療実績などを尋ねる調査票を配り、423人が回答した。

自らインプラントを実施しているのは289人で68%だった。このうち、治療後に患者が重い症状を起こした経験があるとしたのは25%。内容は神経まひ、鼻の横にある空洞の炎症やそこへの異物の侵入、異常出血の順に多かった。

ほかの歯科医が治療した後のトラブルを経験した歯科医も約9割に上った。内容はインプラント周囲炎、人工歯の破損、インプラントのぐらつきが多かった。

インプラントは症例により難易度が異なり、歯科医の経験数もさまざま。調査を担当した栗原英見・広島大教授は、結果は症例数に占める割合でないことを強調した上で「素晴らしい治療法であり、安全な治療方針とそれが守られる仕組みをつくりたい」と話している。

 

みなさん、この記事を読んで、“インプラントって怖い”とか“インプラントなんてしたくない”などと思われた方も多いかとおもいます。私も記事を読んでビックリしました。医院紹介のページにかいてあるように当院でもインプラント治療を行なっています。インプラントができるかどうかの判断から始まり、口腔内の清掃管理(ブラッシング指導や染め出しの液を使ってきちんと磨けているかのチェックなど)、インプラントの説明をしっかりして納得して頂いた上で治療を行なっています。手術中の安全面なども気をつけて慎重に行なっています。衛生士も担当制にし、アフターケアまでしっかりサポートしています。院内では記事のようなことはありませんが、患者さんに安心してインプラント治療ができるように、院内でも再度確認し、今以上に細心の注意を払って治療していきたいと思います。

ちまき❤

今日患者さんから素敵なプレゼントをいただきました

 

 

私たちスタッフのために、昨晩9時からこしらえてくださったそうです

笹団子とこの三角ちまきと言えば、まさに初夏、この時期の新潟の名物です

ご夫婦で山に笹を摘みに行くところからはじめるのだそうです

 

全国各地いろいろなちまきがあるようですが、

この三角ちまきは、昔は農家で作業の合間に食べた、新潟県特有の保存食なのだとか・・・

ご覧のとおり三角に笹の葉でまき、お湯で煮た餅米です。 きなこをかけて食します

 

私の実家の三角ちまきは(もう手作りしなくなりましたが)

 ←こんな感じの正三角形に近いものですが

頂いたちまきは細長い・・・  巻き方が違うのだとのこと

「じんどうまき」というのだそうです。

 

患者さんといろいろなお話をしながら、日々、阿部も勉強させていただいております

 

美味しくいただきました   ありがとうございました

 

魚釣り~参戦!

こんにちは。阪田です
仲間と魚釣りに行ってきました
釣りと言っても私は見ているだけですけど・・・
夜10時出発で夜中まで
眠いし寒いし・・・帰りたい
なんて思ってましたけど、スズキが釣れました
DSC_0375.JPG

そして、

友達に魚を下ろしてもらい、綺麗な刺身になりました
すごく美味しかったです
私はやっぱり食べる専門です

えんま市(^-^)

今年もえんま市の時期になりましたね そして・・・始まりましたね

今日から3日間 午前10時~午後10時 (瀬戸物市・植木市は17日までの4日間)

柏崎の人はみんな毎年楽しみにしています 小・中・高校のときは3日間行ってたなぁ  

県内外からも多くの人が毎年訪れています

 

 

えんま市とは、えんま堂のある本町通りを中心に500以上の露店が立ち並ぶ縁日です。えんま市のはじまりは馬市で、現在のような見世物・露店の市と変わったのは遠く文政年間(1818~1829年)と言われています。えんま堂には、運慶 の作と いわれる「えんま大王」が祀られ、その異様さが信仰を支えています。そして現在では村上市の村上大祭、新潟市の蒲原大祭にならび、「新潟三大高市(たかまち)」のひとつにあげられているそうです

 

今年は最終日が土曜日なので多くの人で賑わいます 雨の予報なので心配ですが・・・ えんま市に来たことない方はぜひ来て楽しんでいってください 私も楽しみです

 

このページの先頭へ