お口のケガ ③歯がグラグラするorずれちゃった!! とき

おひさしぶりです02_040   衛生士の阿部ですhappy01

お待たせしました(sign02)  口腔外傷の対処法シリーズ 第3弾です00_006 

 

~③歯がグラグラするorずれちゃった00_044!!~

 

受傷直後は痛みがなくても、後々噛めないほどの症状が出ることがあるので、

早目に受診し、歯の動揺や脱臼の程度をきちんと精査してもらいましょうhospital

 

わずかな歯の動揺(ぐらぐらする)だけなら「亜脱臼」、

歯の位置まで動いてしまった場合を「脱臼」といいます。

 

「亜脱臼」がごく軽度な場合、固いものを噛まないよう気をつけて過ごしていれば、

動揺は1週間ほどでおさまってきます

 

 

 

しかし、歯が変位するような歯周組織への障害を伴う場合には「整復固定」します。

「整復固定」とは、歯を元の位置に戻し、接着剤やワイヤー(金属線)を使って隣接する歯と連結固定して

安静を保つことをいいいます。程度によりますが、2~6週間経過を見ていきます。

固定中に重要なのは、安静と清潔を保つことです

歯周組織の回復のためには、プラーク付着による歯肉の炎症は極力避けたい・・・02_009

なので処置直後は、ほぐした綿棒にうがい薬を染み込ませて受傷周囲を拭いたり、

可能なら歯ブラシによる清掃を徹底して、いつにもまして清潔を保ちましょう

 

 ちなみに、外傷によって歯ぐきの中に歯がめり込んでしまったものを「陥入」といいます。

たいていの場合、自然に再萌出することが期待できるので、清掃と抗菌薬の服用下で経過を見ます。

ただし、乳歯の陥入で後続の永久歯を傷つけてしまっている場合は、抜歯処置になることもあります。

また、永久歯の陥入では、自然萌出は望めないため、「整復固定」して経過を見ます。

 

※写真は「デンタルハイジーン」参照

初★クルージング!!

 
 
こんにちは阪田です喜ぶ顔文字素材
今日は、お休みでした!!暑かったですね~お天気・晴れ
とても良い天気だったので、家にこもっているのももったいない01_034
ということで・・・海へ02_040 そして船でshipshineクルージングしてきました。
かっこよく聞こえますが、とても小さな船です02_02502_037
柏崎マリーナから出航し、鯨波や笠島を通って青海川までの短い距離でしたが、
物心ついてから船に乗ったのは初めてだったので、驚きばかりでした02_070sweat01
水が少し濁っていましたが、魚やくらげに遭遇   
なぞの洞窟も発見!!・・・怖くて入りませんでしたけど
二十数年住んでいる柏崎ですが、海になぞの洞窟があったなんて~カメ素材

 

P2011_0609_143940
浜から見上げたり、橋の上を通ることはよくあっても、海の上から見る米山大橋は格別
今日は海が穏やかで波もなく、おまけに程よい風が心地よくて最高でした02_010
機会があればまた船に乗りたいです
次は、夕日や朝日02_014が見れたらと思います~動くウインク顔文字素材
 

歯の衛生週間★

 

 

 6月4日~10日歯の衛生週間です

02_0218020運動を進めよう(80歳になっても、20本の歯を保とう)

02_021一生自分の歯で食べよう

02_021午後のスタート ハミガキから

と、目標をたてた衛生週間となっています02_015

丈夫な歯でいられるよう、がんばって歯磨きをしましょう02_068

この衛生週間のあいだだけではなく、ずーっと続けていきましょう

このページの先頭へ