歯の色について

投稿日:2017/08/23 カテゴリ:スタッフブログ

輝く白い歯はとても魅力的ですよね。

ですが自分の歯は黄ばみを帯びていると感じたことはありませんか?

 

★歯の色について

歯をよく見ると少し透明感があります。

歯の表面を覆っているエナメル質がそれです。エナメル質は白っぽい半透明体です。

その下にある象牙質はクリーム色をしています。

ですから健康な歯の色は艶のあるアイボリーホワイトということになります。

しかし、中には歯が黒ずんでいたり、茶色がかっている人がいます。

それには色々なことが考えられます。

 

①まだ胎児のときに、なんらかの異常で歯の発達が損なわれた

②子どもの頃に薬(抗生物質)などをたくさん投与した

③フッ素を必要以上に使用した

④神経をとる治療をしたために、歯の色が変色した

⑤タバコのヤニやお茶の渋が付着している

など様々です。

 

★歯の色を綺麗にしたい!

歯の色を変えるにはその症状によって色々な方法があります。

市販の物でも綺麗にあるものはありますが、必ずしも正しい方法とは限りません。

当医院はホワイトニング治療をしています。気になる方はご相談ください。

次回はホワイトニングについてくわしくご説明します。

 

 

 

 

 bunreitatujin, guidebook yori

投稿者:阪田 優

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ